2007年10月14日

普通救命講習

さあ、小笠原ネタかと思いきや、また消防団関連ネタです。

昨日、消防署に行って「普通救命講習」を受けてきました。
内容は心臓マッサージ、人工呼吸、AED、止血、気道異物の除去などです。
何よりも心臓マッサージって心臓を動かすためにやるもんだと思っていたらそれよりも大切なのは血液を循環させることだと知って驚きました。
酸素がなければ5分で大脳の細胞は死んでしまうのだけど、血液中には10分程度の酸素があるらしく、呼吸なしでもその間心臓マッサージによる血液循環ができれば脳の損傷を防ぐことができる。
回復後に脳にダメージを残さなために心臓マッサージを行ことが重要だとのこと。
救急車が到着するまでにそういった措置ができれば生存率などが大幅に向上するそうです。でもそんな急にはできないからこういった講習会で学んでおくことが大切です。
でのこの心臓マサージ、めちゃくちゃ体力あせあせ(飛び散る汗)使います。
救急車の到着に平均6分強掛かるらしいのでその間に続けるのは大変というのがよくわかりました。その場に居合わせた人で協力がないと厳しいものになります。
今後はそんな場面に出くわしたら積極的にお手伝いしたいと思います。
次に人工呼吸、昨今は余り重要視されなくなっているそうです。
また、AIDSや肝炎の感染も考えられるので心臓マッサージなどでいいとのことでした。
さあ、一番興味があったのがAED。ドラマとかでお医者さんが電極もってバッシッむかっ(怒り)てやるやつです。公共施設を中心にいろんな所に置いてあるAEDですが使ったことなどありません。
そこでしっかり使い方教わってきました。
AEDしゃべります。どんな風に使うのかどんなタイミングで何をするのか教えてくれます。
ドラマみたいに電極持ってバッシッむかっ(怒り)てのはなくて、低周波治療器のパッドみたいなものを貼り付けてスイッチを押すだけでOKでした。でも体はビックッって動くようです。
AEDもやるにしても心臓マッサージが何よりも大切と講師で来ていた救急隊員の方々が力説していました。

カヤックをたしなむようになり、もしもの時に備えるためにも今回の講習は是が非でも受けなくてはと思っていたのでとてもよかったです。
中学生以上ならどなたでも受けられるので機会があればどうぞ、お勧めします。




posted by かっぱくみ at 13:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月09日

ついに、緊急出動!!

今年は例年と異なり、平日にお神輿の打ち上げである「あげこ」が行われる。
まあ、半年も前から準備に参加してきたんだし、顔は出そうと思って早めの帰宅。
チャリで駅からマンションに帰ってきたら聞きなれぬサイレンの音どんっ(衝撃)
もしやこれは消防団緊急出動の合図exclamation&question
班長に電話したけどつながらないし、でも、携帯メール以外にも緊急出動要請の手段があるよってこの前の整備会で聞いたばっかりだし、とりあえず着替えパンチて屯所へ向かいました。
やはり、出動のようで消防車はすでにありませんでした。
残してある出動指令FAXで現場を確認し、チャリで自分も出動あせあせ(飛び散る汗)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)
現場はチャリで5分ほどのところ、現場ではすでに皆さん到着しましたがボヤ程度で放水とかはありませんでした。
まあ、あったとしても、まだドキドキふらふらして役に立てるかわからない。
とりあえず、現場の交通整理をして撤収。
学生時代にバイトで交通整理もしたことないし、場所は笹目通りという幹線道路ということもあり結構ビビリました。
帰ってきてもちょっと興奮状態。
でも、よく考えると交通整理をやる人が消防署の職員だったり、その最中に他で火事が起きたりしたら何人職員の確保が必要になるのか.....。
それを考えると消防団ってとても役に立っているのかもしれない。
近所の人だって協力する人なんかよほどのことがない限りいないし、指揮命令系統なんかないから大変。
それに自分に何かあっても今日の現場の人たちは助けに来てくれるわけでもなし、すごいボランティアです。
うーん、出動して初めてわかった。
消防団の存在意義を改めて認識しました。夜
posted by かっぱくみ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月07日

例大祭「みこし渡御」

今週の日曜日近所の熊野神社で「おみこし渡御」が無事行われた。
今年で3年目の参加、まさかこんなにはまるとは思わなかった。
昨年とはうってかわり快晴の中、とても楽しい一日を過ごしました。
みこし01.JPG

和光熊野神社のみこしは百貫みこしといってなんだかんだで400Kgはあります。
それを常時40人以上で担ぎます。
みこし02.JPG

最初の年、初めてなので要領が良くわからず、とりあえず担ぎ手が少ないということなのでマンションの自治会関係者にとどまらず、自分のフットサルなどの交友関係を駆使して人を集めて参加しました。
そして仲間達と参加して交替しながらみこしを担ぐということもわかって、とても楽しかった。
その後も続けて参加してくれる友達もいるし、なんだか好きになってしまいました。

下の写真は自治会別の子供みこし、
みこし04.JPG

これは山車です。
みこし05.JPG

3年前に自治会役員になったとき、神社担当として1年間寄り合いなどに出席し、地域の人と知り合い、神社のお手伝いが始まった。
当時は1年の役員任期が終わっても神社のお手伝いをしているなんて思ってもいませんでした。
その頃ちょうど、賃貸で居住していたマンションの別の部屋を購入し、スケルトン・リフォームをすることになり地鎮祭ならぬ、安全祈願祭をしたかったので気軽に宮司さんにお願いすることができたりして不思議と縁があるみたいだと感じたりしています。

まあ、嵐の前の静けさとでもいうのでしょうか?
祭りが始まれば五穀豊穣を感謝して、神輿を一身不乱に担ぎます。
みこし03.JPG

これは御霊入れの様子で、いよいよ出発になります。
みこし06.JPG

ここ先からは担いでいるのであまり写真はありません。

一緒に参加してくれたみんな、ありがとう!!
来年もよろしくね!グッド(上向き矢印)


小笠原から帰ってきてからは頭は御みこしでいっぱいだった!晴れ
次回からいいいよ小笠原ネタとなるか?
posted by かっぱくみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記